足のむくみと脂肪の見分け方

「足が太いのがコンプレックス」「最近太ったのか、足が太くなった気がする」など、足の太さを気にする女性は多いものです。でも、もしかするとその足は単に脂肪が付いて太くなったのではなく、むくんでいるのかもしれません。ちょっと見ただけでは分かりにくい足のむくみと脂肪が付いた状態には、どのような違いがあるのでしょうか。

 

 

足のむくみと脂肪の違いの見分け方には、いくつかの方法があります。

 

  • 1つ目は、左右両方の足を比べて見ることです。もしも片方だけ太い場合はむくみだと言えます。両方とも同じ太さだった場合は脂肪です。
  • 2つ目は、前の日の自分の足を思い浮かべて比べてみます。急激に足が太くなった気がする場合はむくみです。いつもとあまり変わりが無い場合は脂肪です。
  • 3つ目は、ふくらはぎやすねなど、足の一部分を30秒ほど指で押してみる方法です。もしも指をはなした後も指の跡が残っている場合はむくんでいます。すぐに皮膚がもとに戻り跡が残らない場合は脂肪です。

 

 

 

むくんでしまった足は筋肉が少なくぶよぶよとやわらかい感じになっています。太ってしまい脂肪が付いた足はそれほどやわらかくはありません。むくみは水分がたまっている状態なので脂肪が付いた時とは全く状態が変わってくるのです。


 

とは言え、むくむ原因と脂肪が付く原因は比較的似ています。つまりむくみを解消すれば足に付いた脂肪も自然と少なくなり美脚へと近づけるわけです。むくみを解消するためには適度な運動をして足に筋肉を付けることが効果的です。足の筋肉が弱ると静脈に体重などの負担がかかり、むくみやすくなってしまう他、ポンプのように水分を心臓まで押し戻す力も弱ってしまうため、むくんでしまいます。ウォーキングなど軽い運動を毎日続けるようにしましょう。

 

むくみの原因となる塩分は、カリウムという成分によって体の外へと排出されやすくなります。『するるのおめぐ実』は、カリウムを取ることができるサプリメントです。足のむくみを予防するためには、これらのサプリメントとともに毎日の食事にも気を配るようにしましょう。