足のむくみ解消には水分を取ろう

足のむくみが気になるから、あまり水分を取らないようにしている…そんな方はいませんか?確かに、足のむくみは体内に水分がためこまれているために起こる症状ですが、だからと言って水分をあまり取らずにすごしていると、かえって足のむくみがひどくなってしまうのです。

 

 

水分をひかえると、気づかないうちに体は脱水状態になっていきます。脱水症状を起こすと体はその症状を解消するために細胞の中にある水分を出してしまいます。こうして外に出てきた水分がむくみとなって現れてしまうのです。つまり、水分を取らないで生活してしまう事がかえって足のむくみの原因になってしまうという皮肉な結果になってしまうのです。

 

 

水分不足による足のむくみを予防するためには、こまめに水分を取ることが効果的です。時間をおいて大量の水分を取るのではなく、短時間にちょこちょこと少しずつ水分を取ることが大切です。その時にたとえのどが渇いていないと思っていても、できるだけ水分を取るようにしましょう。

 

 

同じ水分でも、コーヒーや紅茶、緑茶などのカフェインを含む飲み物は利尿作用があるので摂取した水分が排出されやすくおすすめです。ただ、カフェインが入った物を飲み過ぎると胃を悪くしたり不眠になってしまったりすることもあるので、基本的には普通の水や麦茶などを飲むようにしましょう。
冷たすぎる飲み物は血行を悪くし、むくみの原因にもなってしまうので、できれば温かい飲み物を飲むことをおすすめします。

 

 

水分をこまめに取っても足がむくみやすくなってしまう場合は、塩分の取りすぎも考えられます。塩分を取りすぎると濃度を薄めるために体は水分をため込もうとしてしまい、足のむくみが引き起こされてしまいます。そんな時にはカリウムを意識的に取るようにしましょう。カリウムは塩分を排出する力があるので、むくみの解消も期待できます。カリウムを補給できるサプリメントなどもあるので、食事と併せてサプリメントでカリウムを補うようにしてみてください。