むくみ(浮腫)の原因と予防法

足がパンパンに腫れたり、目元がぷっくりと膨らんだりするむくみ(浮腫)は、50パーセントもの女性が悩んでいると言われています。仕事が終わって帰宅した時にブーツがきつくて脱ぎにくくなってしまったり、朝から顔がむくんでしまいメイクでも直すことができなかったりと、むくみ(浮腫)は美容の大敵とも言えますよね。
一度起こってしまうとすぐに治すのが難しいものですから、まずはむくみ(浮腫)を予防するようにしていきたいものです。

 

 

むくみの原因は様々です。重力によって足元へと下がってしまった血液などの水分が溜まることで引き起こされる足のむくみは、長時間同じ姿勢でい続けることが原因です。
心臓のポンプ作用が少ない足元は、ふくらはぎがポンプの役割をして血液を心臓まで戻そうとします。運動不足や加齢によってふくらはぎの筋肉が減ったり衰えたりするとポンプとしての働きが弱くなってしまい、足元に水分が溜まりやすくなってしまうのです。

 

 

また、顔のむくみは主に朝引き起こされるものです。この原因のひとつにアルコールの摂取があげられます。
アルコールを摂り過ぎると体内のアルコール濃度を下げるために身体が大量に水分をためこみます。アルコールを飲んだ後にのどが渇くのはそのためです。夜寝ている時間は横になっているため、体内の水分が身体の同じ場所にとどまることになります。顔や目もとの皮膚はとても薄いので、皮下の水分がむくみとなって現れやすくなるのです。

 

 

もうひとつ、忘れてはいけないのが塩分の摂り過ぎです。塩分を摂り過ぎると身体が塩分濃度を薄めようとして水分を溜めこむ働きをします。味の濃いものを食べるとのどが渇くというのは誰もが経験したことだと思います。むくみを予防しようと思ったら、毎日摂る塩分の量を控えることが大切になってきます。仕事が忙しいからとついついコンビニ弁当やファストフードなどで食事を済ませたりしていませんか?外食はどうしても塩分が多いので注意が必要です。

 

 

でも摂り過ぎてしまった塩分を身体の外へ排出すれば塩分量を減らすことができます。その方法はカリウムを摂取することです。カリウムには体内に入った塩分を排出する働きがあるのです。カリウムは野菜類や海藻類、ナッツ類などに多く含まれています。
もしもコンビニ弁当を食べる場合には海藻サラダを一緒に食べたり、おやつの代わりにアーモンドを食べたりと、ちょっとした工夫で塩分を排出することができるので簡単ですよね。

 

 

更に、カリウムを摂ることができるサプリメントという物もあります。このサプリメントを毎日の食事と併せて続けることで、むくみにくい体質に近づくことができます。