足のむくみの原因は?

座りっぱなしのデスクワークや、立ち仕事をしていると、夕方になって足のむくみがひどくなってしまうという方は多いと思います。1日中同じ姿勢でいるとどうしても脚のむくみが現れやすくなってしまうものですよね。
朝はそれほどではなかったのに、夕方になるにつれて靴がきつくなると感じるのも、足がむくんでいることが原因です。ふくらはぎや足首を指で押してみて、跡が残ってしまう場合は、むくんでいると考えていいでしょう。

 

 

特に女性に起こりやすいと言われている足のむくみは、どのようなことが原因で起こってしまうのでしょうか。

 

 

心臓はポンプのように血液を循環させ、栄養分や水分を細胞に送る働きをしています。この時、細胞内で必要のなくなった水分などが静脈やリンパ管に戻り、体内を循環するという動きが同時に起こっています。この時、静脈やリンパ管の流れが悪くなると、戻るはずの水分が滞ってしまい、これがむくみとなって現れるのです。


 

1日中立ったままで仕事をしていると、血液などの体内の水分は重力にしたがって下の方へとたまりやすくなってしまいます。こうなってしまうと圧が高くなることで戻ってくるはずの水分を静脈が受け入れにくくなってしまい、足がむくむことになるのです。

 

また、デスクワークが多い人はついつい運動不足になりがちです。運動不足になると足の筋肉も自然と衰えてしまうものです。実は足の筋肉は血液の循環のためにとても大切な役割を担っています。足の筋肉が収縮することでポンプのように血液を循環させるようになっているのです。ですから、運動不足で足の筋肉が弱るとどうしても水分の循環が悪くなり、むくみやすくなってしまうわけです。

 

 

このように、足のむくみの原因には様々なものがあります。まずは食生活や運動不足の改善をしてむくみを予防することが大切になってきます。
『するるのおめぐ実』や『きゅきゅっと小町』などに代表されるサプリメントは塩分を排出するはたらきのあるカリウムを補給することができます。塩分の摂りすぎはむくみの原因となりますので、サプリメントを上手に使ってむくみ対策をしてもいいですね。