いちばんむくみが出る季節は?

顔や足のむくみ、実は1年の季節の中で夏がいちばん出やすいということ、ご存知でしたか?
暑い夏とむくみというとあまり結びつかないかもしれませんが、夏はいちばん身体がむくみやすくなると言われているんです。

 

夏という季節とむくみの関係には、発汗が原因のひとつとしてあげられます。夏は他の季節に比べて汗をかく量が多く、身体の中の水分がどんどん失われてしまいます。失った水分を補うために、身体は水分を補う働きをします。
暑い日にのどが渇いて、冷たい飲み物ばかり飲んでしまうという方も多いのではないでしょうか。気温が高いと涼しくなりたいからと、ついつい冷たいものばかり口にしてしまうのですが、このことがむくみの原因となってしまっているのです。

 

 

大量に水分を摂ることで身体の中にはどんどん水分がたまっていき、更に冷たい飲み物によって身体は冷えて行ってしまいます。このことがむくみを引き起こしやすくなってしまうんですね。


 

また夏場はオフィスや部屋をクーラーでガンガンに冷やしているところも多く、ますます冷えに拍車がかかってしまいます。冷え切ったオフィスでデスクワークを続けていた結果、夕方に靴がきつくなるほど足がむくんでしまったという経験をした方も少なくないと思います。

 

 

夏は暑いからと言って冷たいものばかりを飲んだりしないようにしましょう。冷たいものばかり摂取してしまうと内臓が冷え切ってしまいます。内臓が急激に冷やされると消化器官の働きが低下してしまい、夏バテや下痢などの体調不良を引き起こしてしまいます。更に、ジュースやアイスクリームなどには糖分がたくさん含まれています。糖分の摂り過ぎは肥満にもつながります。むくみに加えて肥満まで招くようなことだけは避けたいものですよね。

 

 

夏にはどうしても冷たいものを飲みたくなるものですが、できれば合間に温かいものや常温のものを飲むようにしましょう。そうめんなど、冷たい料理を食べる時にも温かいお茶を飲む方が身体に優しいのでおすすめです。

 

また、クーラーでキンキンに冷えた部屋で長時間過ごすことにも注意が必要です。冷えはむくみの大きな原因のひとつなので、できるだけ身体を冷やさないようにしたいものです。オフィスなどでは足元を冷やさないようにひざ掛けなどを使って上手に体温調節をしましょう。

 

 

普段からむくみにくい身体にしておくためにも、塩分の摂り過ぎには気をつけましょう。
塩分を排出する効果のあるカリウムを多く摂ることも効果があります。最近はカリウムを摂取することができるサプリメントなどもあるので、上手に利用してみてくださいね。